宮城CV10周年に寄せて

2008年9月20日、宮城県ゆかりのスピナー達によるコラボの第一弾「宮城CV」が公開された。その後シリーズは3rd(2012)まで続いた。

実はその3rdを作るために結成されたのが、みちのく旋転会(俺、モナチョ、芹沢、ZYAVUXA)だった。今思えば、宮城CVシリーズがなければ、俺達は集まらなかったかもしれないし、戦転独眼竜は開催されなかったかもしれない。


3rdは作る過程も込みで最高だった。後にも先にもあんな頭のいかれたCV見たことない。モナチョのバンドに八木山ベニーランドのCM曲を録ってきてもらったり。俺と芹沢の同級生にはアニメを書いてもらったり。CVの途中で伝統工芸品の説明出てくるところとか、完全にキマってる。素材に対して編集がめっちゃ丁寧なのも良い。ZYAVUXAさん、戻ってこねぇかなぁ…。
真夏の炎天下、CVの背景に使う写真をとるためだけに仙台を走り回った芹沢の情熱を、俺達は忘れてはならない。



「4thやらないんですか?」とたまに聞かれるので、答えときます。


わげすたずでやってけろ!!!!
(訳:若い世代でやってくれ)


俺に許可とかいらないから、自由にやっていいよ。やっていいよっていうのもおかしいけど、実際今までも毎回企画者は変わってきてるので。某園田にはあんな3rd作りやがって!あのあとに4th作りづれぇよ!みたいなこと言われてるけど、そこは気にしないで欲しい。
例えば、新世代オンリーの宮城CV4thなんてどう?俺はめっちゃ見たい。

単純に俺世代はもうアラサーで、なかなか企画に時間を取れなくなってきてる。さとう宗幸なんて来年70。そろそろ後進に道を譲ってもいいよね。


今では全く見なくなった都道府県別CV。
それこそ伝統工芸品感覚で、守っていけならいいなぁと思います。